読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4ヶ月http://hatenablog.com/

 イギリス、ブリストルに来てから4か月目に突入してます。早い。なぜ今ブログを書こうと思ったかというと、留学したい方やイギリスに興味がある方のお役に少しでもなれたらいいな、という思いがあったからです。あと、友達や家族に報告ついでに。いつまで続けられるかどうかはわかりませんが、気を長くしてご覧になっていただけるとありがたいです。

 

 ブリストルがどんなところか紹介します。ブリストルはロンドンに比べたら地方都市です。田舎出身のタニシにはそこそこ大きい街です。City Centreは大きいですが、街の小さな商店街をあちらこちらで見かけます。なので、私にはちょうどいい。ロンドンまで電車で2時間かかりません。Primark・Debenhamsのような大手チェーンや、大きなショッピングエリアCabot Circusもあります。今ご紹介したような大きな場所以外にも、個人経営のcafeやtea roomなどあり、シャレオツです。

 

シャレオツで思い出しましたが、ブリストルではアーティスト活動されてる方が多いです。Spike Islandではたくさんのデザイン事務所を見かけたし、アートのイベントやアーティストの作品を置いてる雑貨屋さんやギャラリーが多く、アーティストに優しい街だと感じます。もちろん、ロンドンの方がアーティストの方は多いと思いますが。。。ちなみに、「ひつじのショーン」シリーズや「ウォレスとグルミット」シリーズでおなじみのAardman Studioブリストルにあります。

 

ブリストルの特徴は、とにかくグラフィティが多いことです。かの有名なバンクシーのグラフィティも、特に探してなくても時々見かけます。興味のある方はブリストルミュージアムへ(ブリストル大隣接)GOです。彼の作品があります。そこに行く道のり(Park street)でも彼の作品を見ることができるます。

f:id:tomoko-sov-nsd:20170114041732j:plain

Spike Island付近。そこら中にグラフィティ。

f:id:tomoko-sov-nsd:20170114045737j:plain

こちらはバンクシーの作品です。

 

バスが毎回遅延、あるいは時刻表から消えるというのも特徴の一つでしょうか。私は今のフラットシェアの物件(日本でいうハウスシェア)から徒歩で大学まで行っています。一方、クラスメートでバスを利用して遅刻する人もいます。出発する場所にもよりますが、朝はひどいです。バスは遅れてくるのは普通ですね。学校が始まる前の二週間の語学コース中はホームステイだったのですが、道が混んでいて15分くらいの道のりが40分くらいかけて登校してたかな。。。

 

ほかにもいろんな特徴がありますが、私的にブリストル好きです。ロンドンは都会すぎてついていけません。時々遊びに行く程度なら問題ないですが。都会が好きだけど住めない。でも田舎はちょっと…という方にはおすすめです。タニシはなぜブリストルだったかというと、大学の授業料と生活費が受験した大学の中で一番安かったからです。それだけの理由ではありませんが、結果的にブリストルにしてタニシは満足です。

 

今日のところはひとまずおしまい。